FC2ブログ
象があいさつって、来んでええ!
2019 / 05 / 03 ( Fri )
快調に走っていると何やら前を走ってた車の様子がおかしい?ん?
P1000995.jpg 
象やん。ん?まわりに人がいない。標識もやたら「象出没注意!」みたいなやつが目立っていたなぁ~~。
P1000988.jpg 
ん?向かってくる。車バックしだした。ジミーも緊急避難。
P1000990.jpg 
ゅうか、象逃げんと向かってくるし。前の車ピンチ。
P1000992.jpg
そこからはカメラを持ってる暇もなくバックバック。野生の象には注意しましょう。ってか。ははは
18 : 05 : 05 | イサーン | コメント(4) | page top
トーセンコンチアムリゾート
2019 / 04 / 29 ( Mon )
イサーンの真ん中を流れてきたムーンリーバーとイサーンの外側を国境に沿って流れてきたメコンリバーが合流するコンチアム。メコンの茶色とムーンの青がしばらくは混ざらずふたつの色に。そんな場所にあるトーセンコンチアムリゾート。
バンコクからは飛行機ではなくレンタカーでたどり着いた方が、遠くへやってきた感がありますね。700km弱ですが道はいたって快適です。

09 : 02 : 00 | イサーン | コメント(2) | page top
やっぱりメコンはええやん!
2019 / 04 / 28 ( Sun )
昨日のお昼に、ウボンラチャアターニーのゲーンタナ国立公園にあるトーセンコンチアムリゾートに。バンコクからは700km、レンタカーでぶっ飛んできました。老体に鞭打って5時間ちょいで走り切った。関空から丸一日ほどで到着。まるで「こんなところに日本人」でした。さっそく近くのレストランで恒例の「メコンに乾杯!」の儀式を済ませました。
P1000692.jpg
メコンの朝です。対岸はラオス。静かなええ感じのところです。ほんとうにメコン以外は何もない。OK!
P1000710.jpg 
人の作り出す「音」はたまに行き交う小舟のエンジンの音。朝は対岸のラオスの「コケコッコー」で目を覚ます。そうそう、インドシナ半島では朝はどこでも「コケコッコー」なんです。


10 : 08 : 00 | イサーン | コメント(2) | page top
SRIN2
2018 / 09 / 10 ( Mon )
もう少しSRINで。
P1200237.jpg 
ホテルからスリンを眺めるとこんな感じでした。クルンテープのように高層ビルはありません。イサーンの大地の広がりがうれしいですね。
P1200214.jpg 
街中には、なつかしさのあるあたたかいソイがあります。
P1200217.jpg 
交通の要はやはりボーコーソー(バスターミナル)ですね。都会から戻ってきた人、都会に向かう人、それぞれの思いを乗せてバスは走ります。なんちゃって。
P1200239.jpg 
陽が沈むと、静かな夜になります。夜は暗い方がいいですね。
P1200241.jpg 
屋台の横には、お水セットが。氷もありますよ。でもね・・・・
P1200244.jpg 
ははは、店員さんが気を使ってお水入れてくれはりました。ジミーはバミーだけでいいんだがなぁ~
P1200250.jpg 
さて、次は何処の街に行こうかなぁ~。
気ままな旅が一番ですね。今日はここまで行かなくてはとか、ここを観光するとか言った予定は全くなしの自由を楽しむのがやっぱり一番ですね。
07 : 23 : 00 | イサーン | コメント(2) | page top
Surin
2018 / 09 / 04 ( Tue )
Surin イサーン南部の中核都市っちゅうとこかなぁ~~~
P1200227.jpg
駅前広場です。駅といっても頻繁に発着はないので、結構静かですよね。交通の中心はバスなんで、バスターミナルの方が賑わいはありますね。でも、STATIONは旅愁を感じるとこができるのでええですね。
駅舎にテゥクテゥク実にマッチします。
構内も実にゆるぅ~~~い時間が流れている。
近くのソイへ
突然列車がやってきた、なんかうれしいなぁ~~
もう少し、ソイを歩こうかなぁ~~~
17 : 30 : 00 | イサーン | コメント(3) | page top
| ホーム | 次のページ>>